道場一の古株門下生「T・M」、いよいよUP

「T・M、混ざるぞ」
 N・Tはその小屋のしるしのような白い木目調の扉をノックした。引き続きシャッターを開いてN・Tの後ろから中間を覗くと、自分の青年が漫画を読んでいた。その青年は私の陣営に気が付くと丸ごと軽々しく挨拶をした。
「亭主はT・M。門下生の中では一番の王者です」
 門下生という言葉づかいは耳に馴染んでいなかったが、私も今日からその「門下生」です。T・Mは道場の隅々まで知り尽くした王者のような陣営らしき。
「どうしても、HELLO。T・Mと申します」
 相当震えサウンドになりつつも、T・Mが本人名乗った。マサはどうも人見知り講じる相性のようだ。初対面で緊張してあるせいか、まだまだマサの面持は固い。
「T・M、A・Iは私の幼馴染みです。どうだ、驚いたか!」
「へー。……あ、そうなんですか」
 T・Mは何となく疑心暗鬼視線で私の方を見ている。
「素晴らしいヒューマンだから仲良くしてやってくれ」
 明瞭にお互いの記帳を片付けると、N・TはぼくとT・Mを残して母屋へ戻っていった。キレイモ